アイフルへ過払い金請求をする手順と回収までの期間・回収率・注意すべきポイント

どうするアイフル?」のキャッチコピーのCMで一世を風靡したアイフルは株式会社として東証一部にも上場している大手の消費者金融です。「大手消費者金融ならば過払い金もないんじゃないか」と、思っている方もいるかもしれませんが、アイフルからの過払い請求も可能です。

今回はアイフルでの過払い請求の方法と注意点を解説していきます。なお、アイフル以外の他の消費者金融でも同じような内容になりますので、一読いただければ参考となるでしょう。

 

アイフル株式会社の特徴

まず、アイフルへの過払い請求についてお伝えする前に、アイフルはどのような会社なのかということを簡単にご紹介します。後述しますが、過払い請求先のことを知っておくことでどのようなところに注意をしておくべきかも理解できてきます。

アイフルは上場企業

アイフルは東証一部に上場している上場企業です。消費者金融というと少しグレーな印象がありますが、上場していることで利用者はある程度、信頼と安心はすることができるでしょう。

また、冒頭でもお伝えしたようにチワワを使ったキャッチーなCMを流したり、現在では人気お笑い芸人を広告塔に起用して、利用者にも親近感のある大手金融機関と言って間違いないです。

しかし、アイフルでも過去に過払い金は発生していました。

「大手だから過払い金請求はできないだろうと」諦めてしまうのではなく、このまま読み進めていただければと思います。

アイフルは独立系消費者金融

また、アイフルは独立系の消費者金融です。消費者金融には大きく独立系と銀行系の2パターンがあります。銀行系消費者金融とは、東京三菱銀行や三井住友銀行などの銀行の関連会社として貸金業を営んでいる会社です。プロミスやアコムなどは銀行系です。

一方、アイフルは銀行とは関係ない独自の資金で貸金業を営んでいます。武富士やアエルなどが独立系として有名でしたが、過払い金請求や総量規制の影響で多くの独立系消費者金融会社が倒産に陥りました。

このことで、アイフルも倒産が危ぶまれた時期がありますが、現在は経営を持ち直し、独立系消費者金融のトップとして君臨しています。このことについては、下記でもう少し詳しくご説明します。

アイフルへの取引履歴開示請求先

過払い金請求を行う際、まず「取引履歴」の入手が必要になりますが、アイフルの取引履歴開示先は以下の通りです。

電話の場合

アイフルお取引き中の方問い合わせ先【0570‐000417】

アイフルへ電話で取引履歴開示を請求する場合、上記の番号に取引履歴開示希望の旨を伝えてください。本人確認がされ、後日自宅に郵送で送られてくるようになります。

郵便の場合

〒600-8420
京都府京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
アイフル株式会社 お客様サービスセンター 個人情報開示 担当 宛

関連:「アイフル株式会社 会社概要

書面で取引履歴開示請求を行う場合、上記の住所に郵送します。郵送するものは「取引履歴開示請求書」と「本人確認書類(免許証や保険証などの写し)」です。

アイフルが過払い請求に応じなかった際、訴訟となることも多いため証拠に残せる書面でやり取りをすることがおすすめです。

ただ、独断で話を進めてしまうと、請求できるはずの過払い金を逃してしまう可能性もあります。行動に移る前に、以下を読み進めていただき一度専門家に相談することをお勧めします。

アイフルの過払い請求での注意点

以上がアイフルの特徴です。消費者金融最大手ですので、過払い金請求に対しても寛大かと思われているかもしれませんが、アイフルへ過払い請求する際は以下の点に注意が必要です。

アイフルの金利見直しは2007年8月頃

過払い請求は2010年以前が対象」と言われていますが、それは後述します出資法が改正され、正式な消費者金融の金利が完全に20%以内に収まったからです。しかし、アイフルは消費者金融会社の大手でもあるので、金利の変更の対応も早く行われました。

アイフルは2007年8月にそれまで28%あった上限金利を20%まで下げています。つまり、アイフルに限って言えば、2007年8月以前に借り入れしていた人が対象者と言えるでしょう。

アイフルの返還率は低い

アイフルは過払い請求に厳しく、返還率も低いことが特徴として言えます。これは、アイフルの会社の運営形態が関連しています。アイフルは独立系の消費者金融として運営を行なっています。つまり、過払い請求の資金をねん出するだけの経営体力がないのです。

一方、他のプロミスやアコムは銀行系のグループ会社が運営しています。資金力はありますので、過払い請求をされても返還率は高い傾向があります。アイフルでの過払い請求は、厳しくなることが予想されますので、専門家を付けたほうが賢明でしょう。

アイフルの過払い請求の期間の特徴

このように過払い請求に厳しいアイフルですが、過払い請求の対応の傾向としては「低い過払い金で早期に解決しようとしてきて、対抗(訴訟)されるとアイフルも徹底して争う姿勢を見せてきて長期化する」ことが言えます。

アイフルで簡単に和解しようとすると、50%未満の低い返済金で解決してしまうでしょう。それに不服を覚え訴訟を起こすと、一転して第一審に控訴してくることは過払い請求を得意とする弁護士の間でも有名です。

アイフルの過払い請求で訴訟すると長期戦になりますので、そのことも念頭においておきましょう。

アイフルが倒産する可能性

「アイフルは倒産するかも」と、まことしやかに囁かれていますが、これは、上記で触れたように、アイフルが資金力に乏しい独立系の消費者金融であるからです。実際に、同じ独立系消費者金融だった「武富士」や「アエル」なども過払い請求や後の総量規制によって経営破綻に追い込まれています。

実際にアイフルも2009年に事業再生ADR(民事再生法や会社更生法の手続きにより、第三者から支援を受ける事)を行ない、倒産が危ぶまれました。この事業再生ADR支援期間は、2014年まででしたが、その後順調に利益を出し、倒産の危機は回避したと考えられます。

とはいえ、過払い請求には時効がありますので、早めに対処するようにしましょう。

アイフルでの過払い請求の流れ

それでは、アイフルでの過払い支給の流れを解説いたします。大まかな流れに関しては、他の金融機関とも変わりませんので、他社からの借り入れがある方も是非参考にされて下さい。

取引履歴の請求

取引履歴とは、金融機関との過去の借り入れ・返済の内容が記録されたものです。アイフルから取引履歴を開示してもらうには

  • 電話
  • 普通郵便や書留郵便
  • FAX
  • 内容証明郵便

などの方法を取ることができます。電話での請求が一番手っ取り早い方法として考えられるでしょうが、もしもアイフルが取引履歴開示に応じなかった場合に、訴訟を起こし損害賠償の請求として残せるため、形に残る書面でのやり取りがおすすめです。上記の連絡先に請求を行ないます。

過払い金を引き直し計算で求める

アイフルから取引履歴が届いたのであれば、取引履歴で引き直し計算を行ないます。引き直し計算とは、利息制限法で定められている正規の金利と、グレーゾーン金利で実際に払っていた金額の差額を求めます。

アイフル以外にも過払い請求を行う場合も同じような手順ですが、業者が複数になればなるほど手間もかかってしまうので、専門家に任せてしまうことをおすすめします。

過払い請求の交渉

実際の過払い金額が分かれば、いよいよアイフルとの過払い請求の交渉に移ります。交渉と言っても、直接業者の担当者と話し合うことはせず、書面を送り、それに応じてもらいます。

こちらも個人で交渉を行うことも可能ですが、やはり相手方も「弁護士事務所」と、書かれた書類が送られてくると、提案額も向上するようです。実際にアイフルの場合、個人で過払い請求をしても初期の任意段階では10~20%程度しか提案されません。

専門家の介入でやっと30~50%まで引きあがります。このことは後述で詳しく解説しますが、アイフルは他の大手消費者金融と違い、銀行系の消費者金融ではない独立系の消費者金融であるため、経営体力がないので、過払い請求にも厳しい対応がされるのです。

和解

アイフルからの提案額で和解できればそのまま和解となります。アイフルは初期での任意段階はそこまで期間がかかりませんが、その分提示額も大幅に低くなってしまいます。

それに対抗する場合は、訴訟ができますが、いざ訴訟となると、アイフルの場合控訴などを行ない、大幅に時間稼ぎを行う傾向があります。

訴訟

アイフルからの提案額に不服があれば、訴訟という手が取れます。アイフルは任意での提案額も極めて低いため、不服に思う方も多いでしょう。アイフルも低い返還額で済ませるために任意段階ではスムーズに話を進めていきます。

一方、低い提案額に対抗し訴訟を起こすと、手のひらを返して長期戦へと持ち込みます。アイフルの過払い請求で訴訟を起こす場合は、半年以上の長期戦を覚悟してください。

 

過払い請求に関しての簡単なおさらい

補足になりますが、過払い請求に関して簡単に解説いたします。復習のために一度目を通していただくと何か役に立つかもしれません。

過去のグレーゾーン金利によって過払い金が発生

なぜ過払い金が発生するかというと、2010年以前、アイフルをはじめとする大手消費者金融でも、利息制限法を超えた金利で貸し付けを行う「グレーゾーン金利」での貸し付けが行われていました。

2006年の裁判での判決と2010年の法改正で過払い請求が開始

それまで各金融機関は、グレーゾーン金利に対する注意は受けていたものの、明確な違法とは言えなかったため、取り締まるまでには至っていませんでした。しかし、2006年、最高裁の判決で「利息制限法を超える金利はすべて無効である」と下され、そこから過去のグレーゾーン金利に対する過払い請求が起きるようになりました。

また、2010年にはそれまでの金利の上限の対象となっていた出資法も改正され、グレーゾーン金利で貸し付ける正式な金融機関は無くなりました。

つまり、出資法がなくなった2010年以前に利息制限法20%を超える金利で借り入れたことのある方が過払い請求の対象となります。お伝えしたようにアイフルの金利見直しは2007年8月です。

時効が限られている過払い請求

ただ、過払い請求には時効があり、対象の金融機関からの完済もしくは契約終了後10年が経過していると過払い請求ができません。はるか十年以上前に返済が完了し、契約も終了した方は、過払い請求が難しいでしょう。

過払い請求は専門家に依頼することがほとんど

過払い請求を個人で行うことも可能です。今回ご紹介した方法をきちんとこなせば、アイフルからの過払い請求もできるでしょう。ただ、やはり一般消費者が過払い請求を行っても相手から足元を見られてしまいますし、一般の方が過払い請求を行うには非常に手間がかかります。

そこで、過払い請求を得意とする専門家(弁護士や司法書士)に依頼することをおすすめします。過払い請求は、成果報酬型を取っている事務所が多く、費用倒れになることはほとんどないでしょう。

成果報酬とは、回収した金額の○%から費用として支払い、残りが手元に戻ってくるような形です。万が一過払い請求が失敗に終われば、費用もかかりません。過払い請求の費用の相場は、回収額の20%程度となっています。

 

アイフルへの過払い請求を専門家に依頼するポイント

最後に、アイフルへの過払い請求を専門家に依頼するべきか否か、迷っておられる方にアドバイスをいたします。結論から言いますと、過払い請求では専門家に依頼することを断然おすすめします。理由としては以下のようになります。

成果報酬を取っている事務所がほとんど

既にお伝えしていますがで、過払い請求での料金形態は成果報酬を取っている事務所がほとんどです。つまり、過払い請求が成功しないと費用は発生せずに費用倒れすることはありません。

手続きを行わなければそもそも返ってくるお金ですらないので、依頼したほうが良いことは、お分かりかと思います。

手続きが面倒

専門家への費用を抑えるために自身で手続きを考えられている方もいるでしょうが、法的な手続きは想像以上に厄介です。途中で挫折したり、低額の返還額で妥協してしまうくらいなら初めから専門家に任せたほうが無難でしょう。

個人で交渉をすると業者に足元を見られる

また、個人で交渉することと、弁護士などのでは業者の対応が変わるのも事実です。実際に想像してみてください。あなたが金融機関の担当者で一般の方からの請求と、弁護士からの請求が来たらやはり弁護士からの請求にはきっちり対応するでしょう。

訴訟になった際そのまま依頼できる

アイフルでは、過払い請求訴訟にもなることも多いとお伝えしましたが、そのような事態になった場合も、弁護士に任せておくと安心です。訴訟の段階から、弁護士に依頼することもできますが、その時点ではすでに挽回が難しいケースもあります。

このようなことから、アイフルへの過払い請求をお考えでしたら、弁護士への依頼を考えてください。依頼までしなくても、無料相談が可能な事務所がほとんどです。まずは、下のリンクから弁護士・司法書士を探して相談してみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。アイフルでの過払い金請求は可能です。しかし、時効の問題もありますので、早めに行動をするようにして下さい。また、アイフルは他の金融機関に比べ過払い請求が難航する傾向にありますので、一度専門家への相談をされることをおすすめします。

----SPONSORED----

無料法律相談をご検討なら
まずは日本法規情報へ
【24時間受付/土日祝対応】

どこに法律相談をして良いかわからない場合に、交通事故や離婚問題、相続や刑事事件、その他の法律に詳しい弁護士や専門家を無料で紹介してくれるサービスです。それぞれの分野を得意とした専門家に直接質問や相談ができますので、あなたの望む回答がきっと得られるでしょう。