B型肝炎の期限|給付金訴訟と給付金を請求出来る期間とは?

B型肝炎訴訟の期限は2017年(平成29年)1月12日まででしたが、2016年5月13日の参議院本会議の法改正(特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案)、2022年(平成34年)1月12日まで、B型肝炎訴訟の請求期限は延長されました。

これを受けて、今回はB型肝炎給付金訴訟に関する細かい期限と、給付金の請求ができるまでの期間についてご紹介していきます。

B型肝炎給付金訴訟に関する3つの期限

B型肝炎給付金訴訟には3つの期限が設けられておりますが、その期限について書きでまとめてあります。

B型肝炎給付金の期限

B型肝炎の給付金請求期間は法施行から5年以内と決められており、『平成24年1月13日から平成34年1月12日まで』になっています。平成34年1月12日時点で裁判中の場合、判決が確定した日または和解・調停が成立した日から1ヵ月以内です。

追加給付金の期限

B型肝炎の給付金を請求し、受給した後症状が悪化した場合、現れた症状に応じて追加給付金を請求することも可能です。請求期限は『肝炎の病態が進行が発覚した日から3年以内』ですが、一度でも国と和解が成立していた場合、平成29年1月12日以降でも追加給付金を受給することができます。

定期検査費用の期限

除斥期間が経過した無症候性キャリアであった場合、定期検査費・母子感染防止医療費・世帯内感染防止医療費が別途に支給され、費用の請求期限は『検査を実施した日から5年以内』となっています。

 

B型肝炎給付金訴訟にかかる期間は?

B型肝炎の給付金訴訟にかかる時間の目安としては、裁判の提訴をしてから和解まで約1年がかかると思って良いと思います。

B型肝炎給付金訴訟の準備にかかる期間

B型肝炎訴訟を起こすためには手続きや準備が必要になり、早いケースでも最低2ヶ月、長くかかるケースでは半年以上になることもあります。B型肝炎の給付金訴訟で給付金を受け取るには、自分がB型肝炎ウイルスに感染したキャリアであることを証明する血液検査結果や、母子感染ではない(一次感染である)ことを示す資料や医療記録などの資料が必要になります。

B型肝炎の給付金訴訟を提起する場合、このような書類集めに時間を取られ、期限ぎりぎりになってから開始して間に合わない可能性も大いにあるため、平成34年1月12日が期限であったとしても、事前準備は半年前には開始しておくと安心ですね。

給付金の申請期限|和解から1ヶ月以内

平成34年1月12日までにB型肝炎の訴訟を提起すれば和解自体は可能です。ただ、和解後は自動的に給付金が受け取れるわけではなく、社会保険診療報酬支払基金という機関に給付金の申請をする必要があります。

もし、平成34年1月12日より後にB型肝炎訴訟で和解が成立した場合、和解から1ヶ月以内に社会保険診療報酬支払基金に対して給付金申請をしなければ、苦労をしてB型肝炎訴訟を起こしたとしても、実際には給付金を受け取ることができなくなる可能性が高いので、くれぐれも注意が必要です。

まとめ

B型肝炎の給付金訴訟に関する期限は以上になりますが、くれぐれも、期限が過ぎてしまわないよう、早めの準備を心がえていただければと思います。

法律トラブルに『弁護士』が無料で呼べる

この保険を使えばどんな小さなトラブルでも気軽に弁護士に相談することが可能になります。

日本は二割司法の社会と言われており国民の2割しか適切な司法サービスを受けられておらず残りの8割は泣き寝入りに終わっているのが現実です。なぜ、泣き寝入りで終わってしまうのか?それは・・・

>無料法律相談をご検討の方へ

無料法律相談をご検討の方へ

法律相談を誰にして良いかわからない場合に、交通事故や離婚問題、相続や刑事事件、その他の法律に詳しい弁護士や専門家を無料で紹介してくれるサービスです。それぞれの分野を得意とした専門家に直接質問や相談ができます。あなたの望む回答がきっと得られるでしょう。

CTR IMG