B型肝炎の給付金とは?

B型肝炎の給付金とは、B型肝炎ウィルスの感染経路が持続感染だった場合に、対象者は日本国政府から給付金が支給される制度のことです。ただ、対象者に該当しているからと言って単純に手続きをすればB型肝炎の給付金が支払われるというものではなく、自分はB型肝炎ウィルスにかかった対象者である事を証明し、裁判所に訴訟を起こした後、国と和解交渉をすることで初めてB型肝炎の給付金を勝ち取る事ができます。

B型肝炎ウィルスに感染していても、対象になる人とならない人がいますので、本サイトではどんな場合にB型肝炎の対象者になるのか、そもそもB型肝炎とは何のなのかをご説明していこうと思います。

もし、自分がB型肝炎の給付金対象者である可能性が高い場合、まずはそれを証明し、請求するための資料集めから始めることになります。その際、どのような資料が必要いなるのか、給付金訴訟の手続きはどのように行えば良いのか、B型肝炎の資料集めから、裁判をして実際に給付金が支払われるまの期間はどのくらいかなど、それぞれ詳しくご紹介していきます。

また、忘れてはいけないのはB型肝炎給付金の対象者でも、請求期限が決められていまることです。これは除斥期間と呼ばれるものですが、消滅期間の起算点や除斥期間が過ぎた場合にどうなるのかも、合わせて解説していこうと思います。