NO IMAGE

債権回収を弁護士に相談するメリット

債権回収でお困りの場合は、弁護士に依頼することで下記のような悩みを解決することができます。

債権回収でよくあるお悩み
  • ​取引先が売掛金を支払ってくれない
  • 賃貸物件のオーナーで家賃の滞納が続いているが対処が分からない
  • そもそもどうやって回収すれば良いかわからない
  • 口約束だったため、支払いに対して強く言えない など

自分が債権回収に直面するまでは考えもしなかった、様々な不安などがあなたに降り注いでいるかと思いますが、弁護士は100%あなたの「味方」です。

もしこういった悩みを抱えているのであれば、弁護士への相談を活用してください。より満足のいく結果を勝ち取る方法を一緒に考えてくれます。

できる限り早く弁護士に相談することで
債権の回収可能性が高くなります。

「もっと早く有効な対策を行っておけば
回収できたかもしれない・・・」

回収するための正しい対応が遅れたために
最終的に泣き寝入りしてしまう
ケースは非常に多いです。

「今行っている対応は正しいのか?」
「どんな対応を取れば回収できるか?」
「回収の見込みがあるのか?」…等

債権回収の経験が豊富な弁護士に相談し
今すぐ取り組むべき正しい対応について
アドバイスをもらうことをおすすめします。

弁護士へ債権回収について相談すべき人とは?

債権回収が得意な弁護士であれば、あなたの悩んでいることについて、何かしらの解決策を提示してくれます。ただし、どんな場合でも弁護士に相談すれば解決できるわけではありません。

弁護士への相談が有益になるケース

  1. どのような債権回収の方法があるのかわからない場合
  2. 法律的な対策が必要になっている場合
  3. 相手に本気度をわからせたい場合
  4. できるだけ早く回収したい場合
  5. 穏便に円満解決を望んでいる場合

つまり、弁護士に相談すべき時は、「相手方と何らかのトラブルになっている」、あるいは「これからトラブルになりそう」な場合がベストなタイミングとなるでしょう。

弁護士に相談してもあまり意味がないケース

逆に、弁護士に相談してもあまり意味がない場合もあります。

  • 債券額が少額で弁護士を頼むと費用倒れになる場合
  • まだトラブルに発展していない場合
  • 法律で解決できるような問題ではなさそうな場合
  • 企業間トラブルではない個人の場合 など

また、法律的な観点ではなく、感情的な問題であれば弁護士であってもお役に立てるケースは少ないでしょう。

▶︎一般社団法人|全国サービサー協会
上記のリンク先は法務大臣の許可を経て運営しているサービサー団体のサイトになります。サービサーとは、弁護士ではないけれども、債権回収を請け負うことのできる企業のことです。

債権回収を弁護士に相談するタイミングは?

どのようなお悩みの場合に、弁護士へ相談すれば良いかについて解説してきましたが、債権回収を弁護士に依頼するのは、できるだけ早いタイミングが良いと言えます。

まだトラブルに発展していないのに弁護士に相談するのはどうかという問題はありますが、弁護士に相談するのはトラブルの解決だけではなく、予防という観点も強くあります。

病気や事故にあってから保険に入る方はいません。そして、交通事故に遭う確率よりも、法的なトラブルに見舞われる可能性の方が高いのが現実です。

もちろん債権が回収できなくなってからでも遅くはありませんが、いずれにしても、本人だけの話し合いが平行線になってしまった時は弁護士の出番だと言えます。

弁護士は唯一あなたの代理人となれる権利を持っているので、相手に対して手紙などを出す、早期に円満な解決を図るための仕切り直しもしてくれます。上記のようなことがあれば、弁護士に相談すべきタイミングと言えるでしょう。

債権回収が得意な弁護士に相談する代表的な7つのメリット

  1. 1:適切な回収方法を提案してもらえる
  2. 2:法的にも対処できる
  3. 3:相手に本気度を伝えられる
  4. 4:スピード回収が見込める
  5. 5:精神的負担が軽減される
  6. 6:円満解決も見込める
  7. 7:諦めかけていた債権も回収できる可能性が高まる

ご相談の流れ

  1. 1:お住いの地域から弁護士を選んで電話かメールで連絡(通話料無料)
  2. 2:現在の事情や希望内容などの詳しい事情をヒアリング
  3. 3:弁護士への相談日時の決定
  4. 4:弁護士との面談によるご相談
  5. 5:弁護士への依頼
  6. 6:証拠収集や資料などの作成
  7. 7:相手方との交渉
  8. 8:解決

相談したからといって必ずしも依頼しないといけない訳ではありません。あなたにとって弁護士へ依頼することのメリットが大きいときにのみ、正式な依頼をすれば問題ありません。

なお、弁護士費用については、弁護士は依頼前に必ず弁護士より弁護士費用の説明を行わなければならないという法律があり、事前に説明が行われますのでご安心ください。具体的な費用については個別の弁護士に問い合わせてみましょう。

法律トラブルに『弁護士』が無料で呼べる

この保険を使えばどんな小さなトラブルでも気軽に弁護士に相談することが可能になります。

日本は二割司法の社会と言われており国民の2割しか適切な司法サービスを受けられておらず残りの8割は泣き寝入りに終わっているのが現実です。なぜ、泣き寝入りで終わってしまうのか?それは・・・

>無料法律相談をご検討の方へ

無料法律相談をご検討の方へ

法律相談を誰にして良いかわからない場合に、交通事故や離婚問題、相続や刑事事件、その他の法律に詳しい弁護士や専門家を無料で紹介してくれるサービスです。それぞれの分野を得意とした専門家に直接質問や相談ができます。あなたの望む回答がきっと得られるでしょう。

CTR IMG