盗撮の示談にかかる弁護士費用はいくら?相場と弁護士に無料相談する方法

盗撮の示談を弁護士に依頼した場合の弁護士費用はいくらくらいになるのでしょうか。「家族が盗撮で逮捕されてしまった…!」あるいは、「盗撮で警察から取調べを受けた」とお悩みではありませんか?

盗撮を取り締まる代表的な法律は迷惑防止条例です。東京都の場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金で、常習や再犯となるとさらに重い処分が待ち受けており、軽視できません。

盗撮でも、被害者との示談は、刑事処分において非常に重視されます。しかし、個人での示談交渉は困難に近いため、弁護士に依頼するのが一般的です。

この記事では、盗撮で示談を依頼した場合の弁護士費用と、弁護士費用の内訳、盗撮の示談金の相場、実際に弁護士が解決した盗撮事件、盗撮の示談交渉は弁護士なしでできるか?について解説します。

この記事でわかること
  1. 盗撮の示談を依頼した場合の弁護士費用の相場
  2. 盗撮の示談|弁護士費用の内訳
  3. 盗撮の示談金の相場
  4. 盗撮事件で弁護士に無料相談する方法
  5. 実際に弁護士が解決した盗撮事件
  6. 盗撮の示談は弁護士なしでできる?

 

盗撮の示談を依頼した場合の弁護士費用相場

盗撮の示談を依頼した場合の弁護士費用の相場は次の通りです。

依頼内容 弁護士費用の相場
示談交渉も含めた刑事弁護 着手金・報酬金だけで60~80万円
示談交渉のみ 着手金・報酬金だけで20~40万円

ただし、上記の弁護士費用はあくまでも目安です。弁護士費用は各弁護士事務所の料金体系によって異なるからです。参考程度にお考えいただき、相談時に必ず弁護士に確認するようにしてくださいね。

弁護士に依頼した場合、基本的には示談交渉も含めた刑事弁護を依頼することになります。

表:盗撮で弁護士に依頼した場合の弁護士費用の内訳まとめ

盗撮事件を弁護士に依頼した場合の弁護士費用の内訳
相談料 0~5,000円/30分
着手金 30~50万円
報酬金 30~50万円
日当 1~2万円/1日
接見費用 2~5万円/1回

そして、これ以外で盗撮事件に必要なのが、被害者に支払う示談金です。次項では、盗撮の示談金の相場をご紹介します。弁護士費用にはこれ以外にも、相談料・実費・日当がかかりますし、被害者に支払う示談金を用意する必要があります。

次項で弁護士費用の内訳について解説します。

盗撮の示談交渉を弁護士に依頼した場合の内訳

ここでは、盗撮を依頼した弁護士費用の内訳を解説します。

相談料|0~5,000円/30分

弁護士に相談した場合の相談料は、おおよそ30分程度で、0~5,000円です。

着手金|30~50万円

弁護士に依頼する際に支払うのが着手金です。着手金の相場は30~50万円と言われています。着手金は、事件の解決が思ったようにいかなくても、返金を求めることはできません。

また、事件の内容や、自白しているか・否認しているかによって、弁護士費用も異なります。被疑者が被疑事実を否認している「否認事件」のほうが高額となります。

報酬金|30~50万円

報酬金は30~50万円が相場と言われています。報酬金は事件が解決した際に弁護士に支払いますが、何をもってして事件の解決なのか、弁護士と認識にズレがないようにしておきましょう。

あなたが、どのように事件を解決とするのか、希望を決めておく必要があります。逮捕された場合は、不起訴処分となって身柄が解放されるか、起訴されても執行猶予がつくなどが一般的です。

この報酬金も、事件の解決まで一定の金額なのか、身柄の解放・示談成立・不起訴獲得・執行猶予獲得などそれぞれ設定されている事務所などさまざまです。必ず確認しましょう。

実費

弁護士費用の中で見落とされがちなのが、この実費です。実費とは、弁護士の交通費や、資料のコピー代など事件処理に費やした費用のことです。例えば逮捕されてしまった人と接見をしてもらっても、交通費が生じます。

この実費が接見費用に含まれているなどの事務所もありますので、しっかりと確認しましょう。

日当|1~2万円/1日

日当は、弁護士が弁護士事務所以外で活動した際に生じる費用です。例えば、被害者との示談や、出廷が考えられます。この日当も、タイムチャージと呼ばれ、1時間1万円といった事務所から、出廷は5万円といった事務所までさまざまです。

接見費用|2~5万円/1回

接見費用とは、逮捕されて身柄を拘束する人と面会をした場合の費用です。相場は1回2~5万円です。警察で取調べを受けた後に、勾留されずに在宅事件となった場合は、身柄拘束をされていないため、発生しません。

接見費用も、事務所によってまちまちです。また、接見は、勾留されている人にとっては、唯一気兼ねなく弁護士に相談できる大切な機会ですし、事件によっては複数回の接見が必要となります。

この相場はあくまでも1度のものですので、接見が複数回におよべば、それだけ接見費用がかかることになります。事務所によっては、初回の接見を無料であったり、接見費用を取っていない所もありますので、そちらを利用することで費用が抑えられるかもしれません。

盗撮の示談金の相場は5~15万円

盗撮の示談金の相場はおおよそ5~15万円といわれています。しかし、これはおおよその金額であり、示談は被害者の処罰感情などによっても左右されます。被害者が納得しない限りは示談が成立しないからです。

盗撮の示談金が決まる基準には次のものがあります。

  • 被害者の処罰感情
  • 事件の内容(犯行態様)
  • 加害者の社会的地位 など

例えば、専用の機材を用いて盗撮行為を行うなど、常習的に盗撮をしていた、あるいは、脅迫して盗撮を行ったような悪質性の高い場合も示談金が高額になることが考えられます。

また、加害者の社会的地位が高く、どうしても示談に応じてほしい、被害者に許しを乞いたいといったような場合も示談金が高額になるでしょう。

このように示談次第では50万円、それ以上になるケースもあります。

盗撮事件で弁護士に無料相談する方法

もしご家族が盗撮事件で逮捕されてしまったり、あなたご自身が盗撮事件で警察から取調べを受けたりしているのであれば、ただちに弁護士に相談をしましょう。

ご家族が盗撮事件で逮捕されてしまっているのであれば、事件が起きた地域の弁護士会に電話をして、当番弁護士を呼んでもらう方法があります。しかし、もしご家族が弁護士を選んだうえで、依頼したいとお考えなら、私選弁護人を選任しましょう。

また、在宅事件の場合はそもそも当番弁護士も、国選弁護人も選任してもらえないので、私選弁護人に依頼することもなります。私選弁護人は、インターネットで検索をして探すことができます。今では無料相談を受け付けている弁護士も多いため、そういった所に相談してみるとよいでしょう。

民事事件などと違い、加害者側は法テラスを利用することはできませんので、ご自身で弁護士を探しましょう。

『』でも、刑事事件や盗撮事件の解決実績がある弁護士に相談をすることができます。まずは、今後の流れや、何をすべきなのか、何ができるのか、弁護士にご相談ください。

盗撮の示談は弁護士なしでできる?

ここでは、盗撮の示談は弁護士なしでできるかどうかについて解説します。

逮捕された場合

逮捕されてしまった場合、当然逮捕されてしまった人は加害者と直接示談交渉をすることはできません。しかし、家族が被害者と直接示談することもできないのです。

警察は弁護士以外に、被害者の個人情報を漏らすことは当然あり得ません。万一被害者と接触できたとしても、盗撮という犯罪の特性上、恐怖心や嫌悪感などから、家族といえど示談に応じたいとは考えにくいでしょう。

仮に示談交渉に応じてくれたとしても、示談金の金額で揉めて、勾留期間が経過してしまったり、法外な示談金を求められたりするかもしれません。いずれにしても、ご家族が被害者と示談交渉をするのは困難ですし、弁護士に依頼するのが一般的です。

逮捕されずに在宅事件になった場合

在宅事件になった場合、加害者は身柄拘束を受けていないため、被害者と示談をできると考える方もいるかもしれません。しかし、加害者と被害者が直接示談交渉をするのは、ご家族が交渉をする以上に考えらえません。

被害者は加害者に二度と接触してほしくないと感じているでしょう。上記同様、示談金で揉めたり、法外が示談金を求められたり、また法的に有効な示談書が作成できないなどのリスクが生じます。

在宅事件だからといって、起訴されないとは限りませんし、いつまでも会社に知られないように検察などに出頭し続けるのは精神的な不安も大きいでしょう。在宅事件だからこそ弁護士に相談することをおすすめします。

まとめ|盗撮の示談は弁護士に依頼する

この記事では、~~について解説しました。最後にお伝えした通り、被害者との示談交渉は弁護士に依頼するのが一般的です。そして、弁護士が交渉することで、示談に応じてくれるケースがほとんどです。

弁護士費用はお伝えした通り、決して安価ではありません。しかし、逮捕されてしまった、あるいは、起訴されるかもしれないという人生の一大事に、費用が負担できないことで、のちに後悔するような結果にはしたくないですよね。

ご家族や、あなた自身が日頃から真面目に働いていたのであればなおさらです。このことで、将来的な収入まで失ってしまうようなことがないようにすることが大切です。

あなたが加害者の立場であるのなら、被害者にしっかりと謝罪をして、今後同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。弁護士はそのためのお手伝いをしてくれます。

専門家からアドバイスをもらう
【無料法律相談】【24時間相談可能】

どこに法律相談をして良いかわからない場合に、交通事故や離婚問題、相続や刑事事件、その他の法律に詳しい弁護士や専門家を無料で紹介してくれるサービスです。それぞれの分野を得意とした専門家に直接質問や相談ができますので、あなたの望む回答がきっと得られるでしょう。