事業承継と事業継承はどう違う?それぞれの活用事例やその意味合いとは

事業承継と事業継承は一見、まったく同じような言葉にも感じますね。違いなど全くないのでは??と思う方も多いのではないでしょうか?

しかしその一言の違いによって、実はその意味合いが変わってくる場合もあるのです。今回はこの「事業承継」と「事業継承」の2つにどんな違いがあるのかについて、解説していきたいと思います。

 

事業承継と事業継承の違い

事業承継と事業継承にはどんな違いがあり、どんな特徴があるのでしょうか? ここではそれぞれについて、解説していきます。

事業承継(じぎょうしょうけい)とは

会社を引き継ぐときによく使われるのは、こちらの「事業承継」という言葉です。これは、「承継」という言葉のほうが法律的な意味合いが含まれているからです。実際に、「会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律(労働契約承継法)」という法律があり、こちらでは「承継」が使われています。

会社の資産や財産、人材や株式に至るまでを後継者に引き継ぐことをいいます。

事業継承(じぎょうけいしょう)とは

一方事業継承の「継承」は、「王位を継承する」、「伝統芸能を継承する」、「皇位を継承する」といったように、その身分や地位を引き継ぐといった意味合いが含まれています。

事業承継と事業継承の違いとしましては、「事業承継」が権利や義務を引き継ぐのに対し、「事業継承」は文化や地位などを引き継ぐときに使われるということです。

 

事業承継と事業継承の使い分け方法

事業承継と事業継承はとても似ている言葉ではありますが、それぞれどういったケースで使うことがあるのでしょうか?この2つの使い分け方法について、書いていきたいと思います。

事業承継を使うケース

事業承継は、「先人の地位事業精神を受け継ぐこと」とされておりますので、先の経営者が会社を創設した理念、社会に対する想いなど、そういったことを含めて受け継ぐという意味合いがあります。

事業を発展させるためだけではなく、先人の思想までをも代々引き継いでいて伝えていくために、事業承継は使われます。時代が変わっても、根底にある精神は絶対に変えないという想いが込められます。

事業継承を使うケース

事業継承は、「先人の仕事や身分、財産などを受け継ぐこと」ですので、分かりやすくいえば、先人の仕事をそのまま引き継ぐということを意味します。

王位を継承すれば、そのまま王位としての仕事を全うすることですし、天皇の地位を継承すれば、これまでと変わらない仕事をこなしていくという意味合いが込められます。

 

事業承継と事業承継それぞれのメリット・デメリット

事業承継と事業継承では、その言葉の違いによって意味合いも多少変わってきます。ここでは2つのメリット・デメリットについて、考えていきたいと思います。

事業承継のメリットとデメリット

事業承継のメリット

事業承継は、先人の精神面の引き継ぎも含まれるので、先人の作った会社の創設理念、または社会対する想いを代々引き継いでいけることがメリットです。設立当初に掲げた理念を存続させていけることができますね。

こうしたことから意思決定が迅速になり、一貫した経営を行っていくことができると考えられます。

事業承継のデメリット

事業承継のデメリットとしては、素質のある承継者を見つけるのが困難であるということです。承継者は長い時間をかけて育てていく必要がありますし、先人の想いを引き継ぐことのできる経営者は、一朝一夕でできるものではありません。

会社の経営を任せる後継者をしっかりと慎重に選んでいくために、早い時期から着手することが必要です。

事業継承のメリットとデメリット

事業継承のメリット

事業継承は、先人の仕事や地位をそのまま受け継ぐという意味合いがあります。日本でいえば、歌舞伎などの伝統芸能を受け継ぐときなどにも使われますね。代々受け継がれてきた伝統や仕事を全うし、後世に残していくことができます。

いつまでも変わることのない伝統を守るという意味合いも込められているので、事業承継と同じく、一貫した経営を行っていくことができます。

事業継承のデメリット

事業継承では、仕事をそのまま受け継ぐという意味合いがあることから、少し事務的な要素が含まれているのではないかと思います。先人の精神を理解し、それを後世に残していく事業承継とは違い、少々義務的なところもあります。

気持ちの面では、事業承継よりも想いが弱いともいえるでしょう。

また、これは事業承継とも被ってくるのですが、株式の買い取りができないといったように、後継者の資金不足が懸念されます。個人の社会的信用の低さから、資金調達の面で苦労することが考えられます。

 

まとめ

今回は、事業承継と事業継承の違いについて解説してきました。その意味合いはとても似ていますし、使い分けをするのはなかなか難しいかと思います。

どんな想いをもって事業の引き継ぎを行うのか、そういったところをしっかりと明確にして、事業を承継(継承)していっていただきたいなと思います。

----SPONSORED----

弁護士への無料法律相談はこちら

どこに法律相談をして良いかわからない場合に、交通事故や離婚問題、相続や刑事事件、その他の法律に詳しい弁護士や専門家を無料で紹介してくれるサービスです。それぞれの分野を得意とした専門家に直接質問や相談ができますので、あなたの望む回答がきっと得られるでしょう。